ロシア外務省、アメリカでロシアからの養子2人が殺害された事件を調査

ロシア外務省がロシアからの養子2人がアメリカで殺害された事件を調査している。ロシアのマスコミがロシア外務省人権問題担当のコンスタンチン・ドルゴフ氏の言葉を伝えた。

ベルリンで難民とみられる男たちがロシア系ドイツ人の少女に暴行 - Sputnik 日本
ベルリンで難民とみられる男たちがロシア系ドイツ人の少女に暴行
以前報道されたように、アメリカのワシントン州で男性が自身の家族全員を射殺する事件が発生した。伝えられたところによるとその中にはロシアから養子にもらわれた2人の男の子も含まれているとAP通信は報じている。

報道によると、男性は匿名のまま警察に通報し家族全員を射殺したと語った。現場に駆けつけた機動隊員が3時間にわたって男性と交渉を行った。その後機動隊員らによって屋内への突入が決行されたが、男性はすでに裏口で自殺していた。

この事件の犠牲者は男の妻とロシアからの養子児童2人であった。ただ1人、中国から養子にもらわれた12歳の女児は逃げ延びることができた。

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала