観光ビザ交付を緩和して! ロシア観光業界がラヴロフ外相に要請

© Sputnik / Vitaliy Belousov観光ビザ交付を緩和して! ロシア観光業界がラヴロフ外相に要請
観光ビザ交付を緩和して! ロシア観光業界がラヴロフ外相に要請 - Sputnik 日本
インツーリスト、トーマスクック、シティ・サイトシーイング・モスコー、アカデムセルヴィス他、ロシアの観光産業界の各社はラヴロフ外相に対し書簡を送り、外国人観光客へのビザ交付制度の緩和を検討するよう訴えた。コメルサント紙が報じた。

観光各社が提案するのは特に、ロシア入国時にビザを申請する電子システムの導入、またヨーロッパからの観光客に対しては72時間以内の滞在の場合に限り、ロシアのビザなしトランジットの許可など。観光会社各社は緩和措置によってインバウンドに好影響を与え、外国人観光客の数を著しく増やすことができると確信している。観光会社側の試算では、これにより外国人観光客数は少なくとも30-40%は増えるとふんでいるほか、ロシアにとっても総収益増につながる。

日露ビザ撤廃の鍵は日本側にあり - Sputnik 日本
日露ビザ撤廃の鍵は日本側にあり
「ミグレーション21世紀」基金のヴャチェスラフ・ポスタヴニン会長はコメルサント紙からの取材に対し、ビザ制度に関してはロシアは常に相互主義を原則としていることから、いかなる場合においても一方方向的に緩和を期待するにはおよばないと語っている。

このほかにもロシア外務省に近い情報筋もコメルサント紙に対し、同様の見解を表し、ロシアへの訪問ビザ取得は全く複雑ではなく、入国ビザの交付拒否も1-2%強に過ぎないと語っている。
気になるラヴロフ外相の反応だが、コメルサント紙の報道によれば、外相は現在、アルジェリアを訪問中で観光会社の要望にはまだ目を通していない。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала