モスクワ、幼児頭部切断の女が「アラーが私に命じた」と供述

© Sputnik / Grigoriy Sisoevモスクワ、幼児頭部切断の女が「アラーが私に命じた」と供述
モスクワ、幼児頭部切断の女が「アラーが私に命じた」と供述 - Sputnik 日本
数日前、モスクワで起きたベビーシッターによる女児殺害事件で、2日、モスクワのプレスネンスク裁判所で公判前整理手続きが行われた。手続きの場で、4歳の病気の女児を殺害したシッターのグリチェフラ・ボボクロヴァ容疑者に対する初めての記者会見が行われた。

モスクワ、幼児の頭部を手に自爆を警告するヒジャーブの女が逮捕(映像あり、18+) - Sputnik 日本
モスクワ、幼児の頭部を手に自爆を警告するヒジャーブの女が逮捕(映像あり、18+)
記者団がボボクロヴァ容疑者に対して、「なぜこうしたことを行ったのですか?」とたずねると、容疑者は「アラーがそう命じたから」と答えた。モスコーフスキー・コムソモーレツ紙の記者が報じた。
ボボクロヴァ容疑者はハンガーストライキを宣言し、死にたいと語った。

捜査官の報告により、事件にはボボクロヴァ容疑者を犯罪へとけしかけた数人の不審者の像が浮かび上がっている。

1日、明らかにされたところではボボクロヴァ容疑者は15年もの間、精神病者として登録されており、分裂症に苦しんでいた。モスクワでは縁故を通じてベビーシッターとして働いていたが、正式な労働許可を得たことは一度もなかった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала