異星人を探す新しい方法が提案される

ドイツのマックス・プランク記念(ドイツの物理学者で量子論の創始者の一人。「量子論の父」)協会とカナダ・マクマスター大学の宇宙物理学者達は、異星人の文明を見つけ出す新しい方法を提案した。協会のサイトが伝えた。

ロボットゴキブリ - Sputnik 日本
ロシア教育大臣、ロボットゴキブリ生産を提案
学者らは、もし異星人が、他の星に生物がいるかどうか探していたとすれば、我々人間がしているのと同じ方法を取るだろうという予想に基づいて考察した。

人類が用いている一般的な異星人探索法は、自分達の恒星の視標面によって天体の運行を観察する事に要約される。そこで学者達は、異星人が、より都合よく地球の通過を観測できるような、宇宙空間の選ばれた部分に探索の区域を集中すべきだと提案している。そうなれば、宇宙全体の二千分の一を観察するだけで済むようになる。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала