学者が思考力で動く車いすを開発

© Fotolia / Peter Atkins学者が思考力で動く車いすを開発
学者が思考力で動く車いすを開発 - Sputnik 日本
米デューク大学の神経生理学者たちは、コンピュータと人間の脳の間の新たな通信システムを構築した。同システムは、完全に麻痺したサルが、思考力を使って車いすを動かすことを可能としている。雑誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された記事の中で述べられている。

サイボーグスーツ - Sputnik 日本
厚生労働省、サイボーグスーツを強制保険システムに含ませる
2013年、学者たちは、動物の脳を、コンピューターの画面のみに存在する仮想の手足へつなぐことに初めて成功し、2014年には、ブラジルで開催されたサッカーW杯の開会式での記念キックオフで、交通事故で下半身が完全に麻痺したブラジル人の男性が、デューク大学の研究者たちがつくったパワードスーツを装着してボールを蹴り、話題となった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала