メキシコ人2人 トラの置物の中に175億円相当の覚醒剤を隠し日本に密輸

© AFP 2022 / Toru Yamanaka伊勢志摩サミットに向け日本の左翼過激派テロを計画
伊勢志摩サミットに向け日本の左翼過激派テロを計画 - Sputnik 日本
日本で、大量の覚醒剤(メタンフェタミン)を密輸しようとしたメキシコ人2人が逮捕された。彼らは、陶器製のトラの置物の中に、それらを隠して持ち込もうとした。4日、東京の警察当局が発表した。

日本警察 ヤクザ関連の事件多発により厳戒態勢に - Sputnik 日本
日本警察 ヤクザ関連の事件多発により厳戒態勢に
覚醒剤は、成田空港の職員らが、メキシコから到着した航空機の荷物を点検していた際に発見された。

長さ2メートル、重さ400キロの陶器製のトラの中には、袋に詰められた25キロのメタンフェタミンが隠されていた。警察発表によれば、これらの闇市場での末端価格は、175億円にのぼるという。

この1年間で、日本の警察当局は、密輸された422キロものメンフェタミンを押収したが、その半分は、メキシコから持ち込まれたものだった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала