登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

自殺飛行ルビッツ副操縦士、聴覚・睡眠障害を航空学校時代から抱えていた

© AP Photo / Michael MuellerАндреас Лубиц, один из пилотов разбившегося в Альпах Аэробуса А 320
Андреас Лубиц, один из пилотов разбившегося в Альпах Аэробуса А 320 - Sputnik 日本
フォローする
乗客149人もろとも飛行機を墜落させたドイツの航空会社ジャーマンウィングス機のパイロット、アンドレアス・リュビツは、2008年に航空学校で訓練を開始した直後くらいには、すでに聴覚と睡眠の障害を抱えていた。医療・航空委員会の発表をビルトアムゾンターク紙が伝えた。

デュッセルドルフ空港 - Sputnik 日本
A320機、最後の数秒を写したビデオが発見
ルビッツ副操縦士は、ブレーメンにあるルフトハンザ航空学校でのトレーニング中、睡眠障害、味覚の喪失、嗅覚、聴覚の異常や耳の痛みを訴えた。報告書によると、ルビッツ副操縦士は転居、取り分け故郷のモンタバウアに残した最初の恋人からの離別を非常に深い心の傷としていた。

先に同紙はリュビツ氏が主治医に出した最後の手紙を公開した。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала