世界第2位の広さを誇るコンゴの熱帯雨林 伐採の危機に

© Sputnik / Nadezhda Egorova世界第2位の広さを誇るコンゴの熱帯雨林 伐採の危機に
世界第2位の広さを誇るコンゴの熱帯雨林 伐採の危機に - Sputnik 日本
コンゴ民主共和国は、2002年に導入された商業森林伐採モラトリアムを解除する。そのためコンゴにある世界第2の広さを誇る熱帯雨林が伐採される恐れがある。

原油漏れ - Sputnik 日本
ペルーのインディオ 原油漏れ被害の補償を求め人質を取る
コンゴでは2002年、同分野の管理を回復し、違法伐採と汚職をなくすために商業森林伐採モラトリアムが導入された。

しかし最近コンゴのロバート・ボポロ・バゲザ開発・林業経済・環境相は、モラトリアムによって「国の収入が大きく低下」したため、政府は解除を決定したと発表した。

モラトリムの解除は、面積が2億ヘクタール以上のコンゴ盆地の熱帯雨林保全計画を脅威にさらす。

昨年フランスのパリで開かれた気候変動会議では、コンゴの気候変動対策における同熱帯雨林の役割が指摘され、その保全計画は、欧州の大多数の国によって承認された。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала