2011年の大地震以降 日本列島の一部5メートル東に移動

© REUTERS / Toru Hanai 2011年の大地震以降 日本列島の一部5メートル東に移動
2011年の大地震以降 日本列島の一部5メートル東に移動 - Sputnik 日本
2011年3月11日の東日本大地震の後、日本列島の一部では、東側、つまり米国方向への移動が続いている。

インドネシア沿岸部で大地震 - Sputnik 日本
インドネシア沿岸部で大地震、マグニチュード7.9
今日、国土地理院が発表したところでは、本州東北部の宮城・岩手両県は、昨年一年だけで10センチ移動した。

2011年3月11日に発生した東日本大地震以後5年の間に、日本列島の一部の地域では、およそ5メートル、東側つまり米国側への移動が見られた。特に大きな移動が観測されたのは、宮城県の牡鹿半島で、6,4メートルも移動している。

現在、首都東京がある関東平野東部での動きは止っているが、本州北東部の移動は続いている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала