火星と月の土壌のシミュレーションで初めて植物の栽培に成功

© Flickr / photon_de火星と月の土壌のシミュレーションで初めて植物の栽培に成功
火星と月の土壌のシミュレーションで初めて植物の栽培に成功 - Sputnik 日本
オランダのワーゲニンゲン大学の学者たちは、別の惑星の栄養の乏しい「土壌」で食物を育てることに真剣に取り組んでいる。

中国初の火星ゾンド打ち上げ計画、2020年実現を目指す - Sputnik 日本
中国初の火星ゾンド打ち上げ計画、2020年実現を目指す
そして学者グループは、トマト、ライムギ、ラディッシュ、エンドウ、ネギ、ほうれん草、ルッコラ、クレソン、キノア、アサツキの10種類の食物の栽培に成功した。

前回の実験では植物が枯れてしまい、失敗に終わっていた。

なお別の惑星の土壌には重金属が含まれており、それを植物が吸収する恐れがあるため、収穫されたものは食用にはならなかった。学者たちは次の実験で、まさにこの問題に集中して取り組む計画。

そして栽培が成功した場合、プロジェクトのスポンサーたちは、「月や火星の食物」を使って用意された夕食に招待されるという。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала