ロシア・ヤロスラヴリで「お役人」案山子が燃やされる!

© Sputnik / Vladimir TrefilovУчастники фольклорно-этнографического театра "Новиця" празднуют открытие Масленичной недели на территории музея деревянного зодчества "Малые Корелы" в Архангельской области
Участники фольклорно-этнографического театра Новиця празднуют открытие Масленичной недели на территории музея деревянного зодчества Малые Корелы в Архангельской области - Sputnik 日本
モスクワ北東200キロに位置するヤロスラヴリで、明日土曜日、市の「お役人」をかたどった案山子が燃やされる。地元マスメディアが伝えた。

マスレニツァ向け理想のブリヌィ調理法 - Sputnik 日本
謝肉祭だ、マスレニツァだ! 理想のブリヌィ調理法をこっそり伝授
今週は冬を送り春を迎えるマースレニツァに当たっているが、その最後の日、つまり日曜日には、冬を送り春を迎える一つの儀式として、わらで作られた案山子が燃やされる。

ヤロスラヴリの人達は、こうした伝統に鑑みて「お役人」をかたどった案山子を燃やせば、冬と一緒に、頭の固い、ひどい官僚主義者達も町から去ってくれるものと期待している。

人間と同じくらいの背丈の3体のわらの案山子が燃やされる予定だ。

この行動の発起人の1人は「私は、ロシアに昔から伝わる風習の近代化を図り、マースレニツァで冬ばかりでなく、今の市当局も送ってしまうよう提案しているのです」と語った。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала