ドイツ イラク難民が燃える機内からケガ人を救出

ドイツのオスナブリュックにある難民施設に収容されているイラク人の獣医が、燃え盛る飛行機からケガ人を救い出した。11日、スウェーデンのニュース・ポータルサイト「ザ・ローカル」が伝えた。

移民 - Sputnik 日本
欧州での移民危機 ロシア国内の状況に影響を及ぼす可能性も
10日朝、個人所有の小型飛行機が、飛行場から離陸後まもなく、2つのエンジンのうち一つが使用不能となった。

パイロットは、できる限り慎重に緊急着陸を試みたが、着陸の際、飛行機は全壊、同機に乗っていた4人のうち2人は重傷を負い、自力で機内から脱出できない状態となってしまった。

イラクからの難民で獣医のハッサニン・サリマン氏は、この事故に気づき、すぐ現場に急行、難民施設のもう一人の住人の助けを借りて、火を消し止め、ケガ人を救い出し、彼らに応急処置を施した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала