メルドニウム陽性選手、99人に

© Sputnik / Konstantin Chalabovメルドニウム陽性選手、99人に
メルドニウム陽性選手、99人に - Sputnik 日本
血液中に禁止薬物メルドニウムを発見された選手の数が99人に増大している。 AP通信が世界アンチ・ドーピング機構(WADA)のベン・ニコルズ報道官の言葉を伝えた。

メルドニウムの製造者「この薬は、ドーピングの対象になるものではない」 - Sputnik 日本
メルドニウムの製造者「この薬は、ドーピングの対象になるものではない」
メルドニウムが禁止薬物リストに含まれた2016年1月1日以降の薬物検査で陽性となった人数が99人に上っている。

現時点でメルドニウムの使用が認められた12選手の名前が判明している。うち8人がロシア人で、フィギュアスケートのエカテリーナ・ボブロワ、テニスのマリア・シャラポワ、ショートトラックのセミョーン・エリストラトフ、エカテリーナ・コンスタンチノワの各選手など。

メルドニウムを開発したラトビア人のイワル・カルヴィンシ氏は、メルドニウムは負荷から心臓を保護するもので、ドーピングにはならない、としている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала