ロシアと中国に対する米国の制空権は目のあたり失われている

米空軍は、今後数十年F-35に依存した場合、ロシアと中国におくれをとるリスクがある。ナショナル・インタレストが報じた。

OV-10 Bronco - Sputnik 日本
米空軍、節約のためベトナム戦争時の戦闘機をダーイシュ(IS)攻撃に使用
「正直に言って、かつての制空権は失われつつある。太平洋艦隊だけの問題ではなく、これは欧州をはじめ、世界のあらゆる地域にとって重大なことだ。ロシアと中国は、差を縮めている」。米空軍の欧州司令官、フランク・ゴレンツ氏が述べた。

米空軍の空における優位性は、基本的に第4世代戦闘機F-15によって担保されており、第5世代戦闘機F-22も一定の役割を担っているが、機数がまだ非常に少ない。老朽化したF-15ではロシアと中国の新型機、特にロシアの第4 ++世代の多機能戦闘機Su-35に抵抗することが困難になっている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала