フィギュアスケートの王様プリュシェンコ選手 イスラエルで再び手術

© Sputnik / Aleksander Vilfフィギアのエヴゲーニー・プリュシェンコ選手
フィギアのエヴゲーニー・プリュシェンコ選手 - Sputnik 日本
14日、ロシアの著名なフィギュアスケート選手でオリンピック金メダリストのエフゲニイ・プリュシェンコ氏が、イスラエルで手術を受けた。ロシア・フィギュアスケート連盟報道部が伝えた。

ロシアのフィギュアスケート選手 ドーピング疑惑問題で世界選手権を欠場 - Sputnik 日本
ロシアのフィギュアスケート選手 ドーピング疑惑問題で世界選手権を欠場
連盟のサイトによれば「現在のところ、プリュシェンコ選手の状態は、満足のいくもので、しばらくの間、イスラエルに留まった後、リンクへの復帰に向け動き出す」との事だ。

プリュシェンコ選手自身は、次のように語っている-「事実上、左腕が動かなかった。検査で、脊椎6番と7番の間のヘルニアが見つかった。痛みのため、今シーズンは欠場を余儀なくされた。アイスショーには、痛み止めの薬を使って出ていたが、最後の頃などは、やっと滑っている状態だった」。

プリュシェンコ選手は、手術のため、日本、カナダ、ブルガリアなどの国々でのアイスショーをキャンセルしていた。様子を見ながら、今年9月には再び、リンクに復帰する予定だ。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала