米新聞「サウジアラビア、原油価格下落で自らの生活を困難に」

© AP Photo / JOHN MOORE米新聞「サウジアラビア、原油価格下落で自らの生活を困難に」
米新聞「サウジアラビア、原油価格下落で自らの生活を困難に」 - Sputnik 日本
新聞「ニューヨークタイムス」に、中東問題専門家のアンドリュー・スコット・スーパー氏が論文をよせ、その中で彼は「原油価格の記録的な崩落の影響は、イランに対してではなく、サウジアラビアを襲った。サウジ当局は当初、そんな事を考えつきもしなかった」と指摘した。

原油価格の急騰には期待できない - Sputnik 日本
原油価格の急騰には期待できない
以下、論文の内容をまとめてお伝えする —

「サウジアラビアは、イランを不安定化させるために原油価格を下落させる用意がある、などとは一度も警告していなかったが、実際のところサウジは、2014年それを行い、やり過ぎてしまったように思える。

サウジの官僚達は、実際、価格が1バレル=60ドル以下に落ちるだろうとは推測していなかったろう。現在IMF(国際通貨基金)は、もしサウジが予算支出を減らさなければ、2020年までに国は破産すると警告している。

一方イラン経済は、制裁解除により上向きになるだろう。イランは、自国の原油を売る新しい市場を模索してゆくに違いない。そうした形で、サウジアラビアは、自らの武器によって打撃を受けるだろう。」

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала