米国務省 クリミアに関する対ロ制裁は「ウクライナへ返される」まで続く

© Sputnik / Max Vetrov米国務省 クリミアに関する対ロ制裁は「ウクライナへ返される」まで続く
米国務省 クリミアに関する対ロ制裁は「ウクライナへ返される」まで続く - Sputnik 日本
火曜日、クリミアのロシア編入2周年を前に、米国務省は声明を発表し、その中で「この出来事に関する対ロシア制裁は、クリミアがウクライナに戻されない間は、効力を持ち続ける」と約束した。

EU 対ロシア関係の新原則を承認 - Sputnik 日本
EU 対ロシア関係の新原則を承認
米国務省のジョン・キルビー報道官は「我々は、21世紀における、力による国境線の変更を認めない。クリミアに関する制裁は、占領が続く間、効力を持ち続けるだろう。我々は、ロシアに対して、占領を止め、クリミアをウクライナに返すよう、あらためて訴える」と述べた。

なおロシア政府は、これまで何度となく、クリミアの住民自身が、完全に国際法と国連憲章に従って、民主的な方法により、クリミアのロシアへの再統合に賛成した事、ロシアが、クリミア住民のそうした選択と決定を尊重し理解している事、それは必要不可欠な現実である事を、主張してきた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала