ドイツの大手エネルギー会社 国の脱原発に対して損害賠償を求める

© Sputnik / Evgeny Bezeka原発
原発 - Sputnik 日本
ドイツ連邦裁判所は16日、ドイツの大手エネルギー会社数社による訴訟プロセスを開始した。

仏最古の原発 2014年の事故の詳細が明らかになり今年中に閉鎖 - Sputnik 日本
仏最古の原発 2014年の事故の詳細が明らかになり今年中に閉鎖
エネルギー会社は、国が決定した原発停止に対して約190億ユーロの損害賠償を求めている。

ドイツのメルケル首相は2011年、福島第1原子力発電所事故の後、内閣で脱原発問題を議論し、政府と連邦議会は脱原発に関する原子力法の改正案を可決、7箇所の原発が廃止、残りの9箇所も2022年までに段階的に稼働を停止するとされた。

結果、大手エネルギー会社のエーオン、RWE(エル・ヴェー・エー)、バッテンフォールは多額の損失を被った。

大手エネルギー会社は、福島第1原発事故後に原子力エネルギーの利用を直ちに拒否する理由は一切なかったと訴えている。

なおドイツ憲法裁判所が賠償金の支払いについて直接決定を承認することはない。裁判官は、原子力エネルギーに関する法律がドイツ憲法の規定に合致しているかを調べる。

なお大手エネルギー会社は、法改正の撤回が目的ではないと強調している。

エネルギー会社が裁判所の承認を得た場合、彼らは損害賠償に関するプロセスを先に進めることができる。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала