米国防総省 米国は露中と戦争する準備が整っていないと認める

米国は、ロシアおよび中国との潜在的な戦争に向けた準備が整っていない。ディフェンス・ニュースが、米陸軍のマーク・ミリー参謀総長の話として伝えた。

米国防総省、中国には南シナ海の実効支配は可能 - Sputnik 日本
米国防総省、中国には南シナ海の実効支配は可能
ミリー参謀総長は、米国軍は地域的な作戦や対テロ作戦を実施することはできるものの、ロシア、中国、イラン、北朝鮮などの強敵と戦う潜在的な必要性は、米国防総省の深い懸念を呼んでいると考えている。

ミリー氏によると、予算削減、テロとの戦い、イラクとアフガニスタンでの戦争を背景に、米軍の戦闘準備態勢は弱まっている。

ミリー氏は、米軍は適時に敵の行動に対応し、独自の軍事的標的に到達できないため、戦争で負ける可能性があると述べた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала