ブレント、41ドルに値上がり

原油価格が木曜、二日連続で上昇した。米国の生産減少と4月中旬カタールの首都ドーハで産油国の会合が予定されていることが背景にある。ブルームバーグが報じた。

ロンドンのICE先物取引所におけるブレント原油5月先物は14時40分(モスクワ時間)で0.67ドル(1.66パーセント)増加、1バレル 41ドルになった。

専門家 ロシアの石油埋蔵量は28年分 - Sputnik 日本
専門家 ロシアの石油埋蔵量は28年分
ニューヨーク商品取引所(NYMEX)の電子取引で、WTIの4月先物は0.72ドル(1.87パーセント)増加、39.18ドルになった。

米国政府の統計によると、米国の石油生産は日量1万バレル落ち、907万バレルという 2014年11月のレベルに達した。

サウジアラビアは4月にドーハで開かれる産油国会議に参加することを確認している。

仏トタルのパトリック・プヤン代表は新聞ル・プログレのインタビューで、世界の石油市場は2016年を通じて平衡状態に達する、と述べている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала