モスクワの女性がネットで新生児を購入で執行猶予

© 写真 : Donnie Ray Jonesモスクワの女性がネットで新生児を購入で執行猶予
モスクワの女性がネットで新生児を購入で執行猶予 - Sputnik 日本
ニージニイ・ノヴゴロド市カナヴィンスキー地区裁判所はモスクワ出身の女性に対し、地元ニージニイ・ノヴゴロドの幼児を人身売買したとして有罪判決を下した。

難民児童ら、ギリシャ・マケドニア国境の閉鎖に抗議してレールの上に寝る(動画) - Sputnik 日本
難民児童ら、ギリシャ・マケドニア国境の閉鎖に抗議してレールの上に寝る(動画)
沿ヴォルガ輸送検察は21日、昨年2015年の夏、被告の女性がSNSを通じてニージニイ・ノヴゴロド州の女性と知り合い、この女性が3人目の子どもを妊娠したものの、金銭的自称から養育を望んでいないことを知ったと明らかにした。

検察の発表では「ふたりの女性の間で新生児の売買契約が成立。ふたりは赤ん坊を10万ルーブル(およそ16万5千円)で取引することに合意していた。」

その結果、母親は出産後3日目に新生児をニージニイ・ノヴゴロド駅まで連れだし、そこで購買者の女性に引き渡した。購買した女性はモスクワまで新生児を連れ出し、到着後、警察に拘束された。

被告女性は裁判で自分の罪を認めた。この女性には3年の執行猶予付判決が言い渡された。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала