元セルビア人指導者に禁固40年の判決

旧ユーゴスラビア国際刑事裁判所(ICTY)は、1992から1995年のボスニア・ヘルツェゴビナ紛争時の犯罪容疑で、ボスニアの元セルビア人指導者ラドヴァン・カラジッチ被告の有罪を認めた。

3月24日は悲劇の日。十字架に磔にされたユーゴスラビア - Sputnik 日本
3月24日は悲劇の日。十字架に磔にされたユーゴスラビア
ICTYは、ボスニア紛争時の人道に対する罪、国連職員を捕虜にとったこと、また1992年から1996年のサラエボ包囲に関与した容疑で有罪とした。またカラジッチ被告は、1995年にスレブレニツァで発生したジェノサイド(集団虐殺)でも有罪とされた。

判決を言い渡したのは韓国の権五坤(クォン・オゴン)裁判官。カラジッチ被告には、禁錮40年が言い渡された。

カラジッチ被告は13年にわたって逃亡生活を続けた。拘束される数年前にはセルビアの首都ベオグラードでドラガン・ダビッチという名の医師になりすまして暮らしていた。被告は2008年7月21日にベオグラードで拘束された。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала