約100隻の中国船 マレーシア海域内に

© REUTERS / Kim Kyung-Hoon約100隻の中国船 マレーシア海域内に
約100隻の中国船 マレーシア海域内に - Sputnik 日本
マレーシアのベルナマ通信は、カシム首相報道官の声明を引用し「およそ100隻の中国の船舶が、南シナ海のマレーシア領海内に入った」と伝えた。

この出来事は、昨日木曜日、カリマンタン島の北方にあるルコニア環礁海域で起きた。

マレーシア当局は直ちに、海軍に対し、南シナ海の状況を監視するよう指示した。

カシム報道官は「もし、船舶がマレーシアの自由経済水域内に入った事が明らかとなった場合、必要な安全保障上の措置を講ずるだろう」と述べた。

世界の海上輸送のほぼ三分の一が、南シナ海を通っているほか、この海域の島々の大陸棚には、豊富な石油資源が眠っている。南シナ海の島々に対しては、中国以外に、ブルネイ、ベトナム、マレーシアそしてフィリピンといったアセアン諸国も、領有権を主張している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала