日本 警視庁が押収したサーバーに個人情報1800万件

© Fotolia / Tomasz Zajda日本 警視庁が押収したサーバーに個人情報1800万件
日本 警視庁が押収したサーバーに個人情報1800万件 - Sputnik 日本
25日、警視庁サイバー対策犯罪課は、インターネット接続を中継する東京の業者のサーバーから、大手ポータルサイトなどのID及びパスワード延べ1800万件を発見した。共同通信が伝えた。経営者らは、不正アクセス禁止法違反容疑で逮捕された。

日本警察 トルコから強制送還された男性が「ダーイシュ(IS)」参加を計画していたとの証拠発見できず - Sputnik 日本
日本警察 トルコから強制送還された男性が「ダーイシュ(IS)」参加を計画していたとの証拠発見できず
産経新聞の報道によれば、昨年2015年の6月から11月まで、日本では、身元の分からない複数の人物が、楽天やYahoo、Twitterその他28社のインターネットショップに、不正アクセスを試みる事件が続いた。容疑者らは、手に入れた1800万のIDやパスワードから、約178万件について実際に不正アクセスに成功し、それらはリスト化されていた。

警視庁は、個人テータへのアクセスが、何度も、中国からなされたと考えられる証拠をつかんでいる。サーバーの中に、中国語の5つのアカウントが見つかっており、それを通じて、不法なアクセスがなされたもようだ。

警視庁サイバー対策犯罪課は、サーバー利用者が中国の交流サイトSNSなどを使った形跡があることから、同課は国際刑事警察機構(ICPO)を通じ、SNSの運営会社にユーザー情報を照会する考えだ。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала