ロシア人学者「米国の政策はロシアにとって主な国際的脅威」

© Fotolia / KLimAx Fotoロシア人学者「米国の政策はロシアにとって主な国際的脅威」
ロシア人学者「米国の政策はロシアにとって主な国際的脅威」 - Sputnik 日本
5月29日に討論クラブ「ヴァルダイ」でロシアの専門家らが示す報告書「国際的脅威2016」の中では、「米国の政策は、ロシアにとって主要な国際的脅威として残るだろう」と述べられている。

自衛隊 - Sputnik 日本
尖閣防衛のために陸自駐屯;日本は平和を欲しつつ、戦いに向け準備も?
新聞イズヴェスチヤによれば、報告書に含まれている脅威リストに、ウクライナはない。米国について言えば、「ヴァルダイ」クラブのプログラム・ディレクターで報告書の作成者の1人、アンドレイ・スシェンツォフ氏は「ロシアにおける米国の政策の評価には、二つのアプローチが存在する」と指摘している。

それは「米国はロシアを弱体化させるつもりだ」と捉える見方と、「米国は、自分達の目的を追求しつつ、間接的にロシアの利益に損失をもたらしている」という見方である。

またロシアにとってその他の脅威としては、シリアでのロシアの政策が原因で生ずる可能性のあるトルコとの軍事紛争、またイスラム過激派の側からのテロが挙げられている。テロの脅威については、シリア領内で、完全な勝利が収められた場合でも、それは保たれると分析されている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала