北朝鮮当局 飢餓に向けて準備するよう住民に呼びかける

北朝鮮の住民は、新たな「苦難の行軍」に向けて準備しなければならない。1990年代の北朝鮮における4年間の飢餓が、「苦難の行軍」と呼ばれていた。「労働新聞」の社説の中で述べられている。

記事中では次のように述べられているー

「革命への道は遠く、険しい。我々は、再び草の根を食べなければならない苦難の行軍を行わなければならないかもしれない。もし我々が自分の命を捧げることになったとしても、私たちは我々の人生の最後まで、我々の金正恩リーダーに忠実であり続けなければならない。」

「苦難の行軍」という用語は、1993年に北朝鮮指導部が考えたもので、北朝鮮で4年にわたって続いた飢餓をあらわすために使われた。

複数の評価によると、この飢餓により24万人から350万人が死亡した。

 

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала