ロシアのロボット ロボットによるサッカーW杯「ロボカップ2016」の決勝リーグへ

ロシアのトムスク国立制御システム無線電子工学大学(TUSUR)のチーム「フォトン」が、ドイツのライプツィヒで6月30日から7月3日まで開かれるロボットによるサッカーワールドカップ「ロボカップ2016」の決勝リーグに出場する。

日本、作家ロボットが開発される - Sputnik 日本
日本、作家ロボットが開発される
決勝リーグでは、様々な国の23チームが出場する。大会のルールによると、各チームはゴールキーパー1台と残り3台の計4台のロボットで構成される。試合は、9х6メートルのフィールドで行われる。

ロボットは人型で自律移動型でなければならない。「ロボカップ」は1993年から開催されている。大会の主催者は、21世紀半ばまでに完全自律型の人型サッカー選手ロボットのチームが、FIFAルールでワールドカップの優勝チームと試合をして勝つことを考えている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала