登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

現代世界の低出生率、理由は「貪欲」

© Fotolia / Drubig-photo現代世界の低出生率、理由は「貪欲」
現代世界の低出生率、理由は「貪欲」 - Sputnik 日本
フォローする
今日の世界における少子化の主因は、名誉あるものの所持と言う形で表現される、高い社会的地位をめぐる競争である。フィロソフィカル・トランザクションズ・オヴ・ザ・ロイヤル・ソサイエティ誌に論文が発表された。

メドヴェジェワ選手 - Sputnik 日本
フィギュアスケート世界選手権 メドヴェジェワ選手が金メダル!(動画)
この仮説は、人類学者らにより、ツィマネ(ボリ​​ビアアマゾンの狩猟採集民)の国民性を例に、証明された。ツィマネの一般家庭では9人の子供もふつうであり、親はすべての兄弟のための食料や衣類を簡単に見つけることができる。

しかし、ツィマネが都市に移動した場合、子供の平均数は3に落ちる。市場経済に巻き込まれるためだ。

「彼らは最初の収入を社会的地位の象徴である、予想外に高価なものに費やす」という。

同様のプロセスが、人口が都市に移動してお金を稼ぎだす他の国でも発展しているという。すべての力が隣人並みになることに費やされ、子供たちに多くの物を買う余裕はない、感じられだす。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала