戦闘ロボ、「トーポリ-M」を警備

戦闘ロボ、「トーポリ-M」を警備

ロシア戦略ミサイル軍はイルクーツク州演習で戦闘ロボット「ネレフトゥ」を動員した。その周辺警備の様子をビデオで見てください。

Опубликовано Sputnik 日本 4 апреля 2016 г.
ロシア戦略ミサイル軍はイルクーツク州演習で戦闘ロボット「ネレフトゥ」を動員した。その周辺警備の様子をビデオで見てください。

ロシア軍のドミートリー・ルィチャギン大尉は言う。「ご覧のように地上コンプレックスは可動式であり、可視光電子機器、サーマルイメージャー、レーザー距離計と弾道コンピュータを含む近代的な装備を持っている。400メートルの距離で敵に射撃を行なえる。また、昼間と夜間の両方で侵入者を発見することができる機器が取り付けられている」

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала