「ディズニー帝国」の最有力後継者候補 退任を表明

© Flickr / Tours Departing DailyDisneyland
Disneyland - Sputnik 日本
米国のディズニー映画の最高経営責任者(CEO)の座に最も近いと目されていたトーマス・スタッグス最高執行責任者(COO、55)が、突然退任を発表した。新聞「ニューヨーク・タイムズ」が伝えた。

ディズニーランド - Sputnik 日本
ディズニーランド・パリの従業員が「ファントムマナー」で遺体で発見される
スタッグス氏は、昨年ディズニー社の最高執行責任者のポストに就いた。彼は5月6日付で退任するが、秋まで、ボブ・アイガー最高経営責任者(CEO、65)の特別アドバイザーとして仕事を続ける。

おととしアイガー氏は、2018年6月の退任を発表し、スタッグス氏は、後継者の本命と見られていた。

 

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала