リビア 親イスラム政府が国連が支持する政府に権限委譲

© Sputnik / Andrey Steninリビア 親イスラム政府が国連が支持する政府に権限委譲
リビア 親イスラム政府が国連が支持する政府に権限委譲 - Sputnik 日本
リビアで自称・親イスラム政府が、国連協力のもとで形成された政府のために政権を放棄すると発表した。リア・ノーヴォスチ通信が、テレビ局「スカイ・ニュース・アラビア」の情報として伝えた。

シリアからの移民 - Sputnik 日本
リビア沿岸警備、移民数百人を欧州に送らせず
テレビ局「アル・アラビヤ」は先に、3月31日に新政府が活動に着手したと報じた。新政府を率いるのは、ファイエズ・サラジ首相。首相は、チュニジアから船でトリポリの海軍基地に到着した。

2011年10月にリビアのカダフィ政権が倒され、カダフィ大佐が殺害されたあと、リビアでは東部トブルクにある総選挙で選ばれた議会と、トリポリにある親イスラムの総国民会議の二頭政治が始まった。

昨年12月、平和的解決と国家統一政府の形成に関する合意に調印がなされた。計画の実施は、大統領評議会の創設、そしてその後、サラジ首相率いる内閣形成へとつながった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала