ドイツ 5月半ばまでに国境管理の解除を計画

© AFP 2022 / Armend Nimani難民
難民 - Sputnik 日本
ドイツは、同国に入国する難民の数が減った場合、難民危機によって昨年導入された一時的な国境管理を5月半ばまでに解除する可能性がある。ドイツのデメジエール内相が発表した。

Открытый Коран - Sputnik 日本
エストニアで「コーラン」を公共の場所で禁止するよう提案される
デメジエール内相は、「オーストリア放送協会(ORF)」のインタビューで、「我々は、もし(ドイツに入国する難民の)数がそれほど多くないままであれば、5月12日以降に国境管理を延長しない」と述べた。リア・ノーヴォスチ通信が伝えた。

先に難民流入を受けて、ベルギー、デンマーク、ドイツ、ハンガリー、オーストリア、スロベニア、スウェーデン、ノルウェーが一時的な国境管理を導入した。

その後、ハンガリーとスロベニアは国境管理を解除した。

専門家たちは当時、EUの域内国境の撤廃に関するプロジェクトであるシェンゲン圏の失敗について語り始めた。

EUは昨年、シリアを中心とした中東から100万人以上の難民を受け入れた。その大分を受け入れたのがドイツだった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала