オーストラリア 孤児になったウォンバットの子を「抱っこしてくれる人」募集中!

オーストラリア・メルボルン沖のタスマン海に浮かぶフリンダーズ島で、孤児となったウォンバットを抱っこしてくれる人を募集するコンクールが開かれた。新聞「ザ・デイリー・テレグラフ」が報じた。

示された雇用期間は3日で、採用された人は、その間、島で暮らし「デレク」という名のウォンバットを抱っこして可愛がることになる。

「デレク」は、お母さんが交通事故に遭った時、腹袋の中にいたが、発見後すぐに獣医のもとへ運ばれ、命をとりとめた。その時の体重は、たった700グラムだった。

ウォンバットはコアラに近い草食動物で、見た目や大きさは似ているものの、地面に巣穴を作って暮らす。オーストラリア南部や東部に生息している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала