バングラデシュでは2000万人がヒ素入りの水を飲んでいる

© AP Photo / A.M. Ahadバングラデシュでは2000万人がヒ素入りの水を飲んでいる
バングラデシュでは2000万人がヒ素入りの水を飲んでいる - Sputnik 日本
人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチの新たな報告書によると、バングラデシュでは約2000万人がヒ素汚染水を飲んでいる。6日、BBCが報じた。

WHO:致死的糖尿病、地球全体を容赦なく覆う - Sputnik 日本
WHO:致死的糖尿病、地球全体を容赦なく覆う
「バングラデシュ政府は貧しい農村地域の何百万人もの人々が飲んでいる水からヒ素を除去するための基本的な対策を取ることができなかった」という。

政府のアブドゥルマリク公式代表は、状況は改善していると応じた。汚染された水を飲む人は20年前の20%に対し、現在は人口の13%だという。当局はこの問題を2020年をめどに解決すると約束している。

WHOによると、ヒ素含有水は、バングラデシュで年間2万4000人の死亡の原因となっている。主に貧しい農村地域の人々が犠牲になっているという。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала