プーチン大統領:米国はロシアと違い兵器用プルトニウムの廃棄義務を順守していない

© Sputnik / Michael Klimentyevプーチン大統領
プーチン大統領 - Sputnik 日本
米国はロシアと違い兵器用プルトニウムの廃棄義務を順守しておらず、再帰的ポテンシャルを維持している。プーチン大統領が述べた。

プーチン大統領 - Sputnik 日本
プーチン大統領、「パナマ文書」の汚職非難に反論
「2000年代初頭、我々は兵器用プルトニウムの廃棄について米国人らと合意した。我々は契約を締結し、プルトニウムは、特定の方法で廃棄されることで合意した。すなわち、特別な事業を立ち上げ、工業的に廃棄すると。我々は約束を果たしてきた。我々は事業を立ち上げた。我々の米国のパートナーはやっていない」と大統領。

「しかも最近、彼らは、高濃縮使用済み核燃料を合意外の方法で廃棄する意向を示した。希釈し、何らかの容器の中で再利用するという方法だ。これはいわゆる再帰的ポテンシャルを保持することを意味する。つまり、抽出し、加工して、再び兵器用プルトニウムに変換することができるということだ」とプーチン大統領。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала