登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

天文学者が超大質量ブラックホールを意外な場所で発見

© Flickr / NASAブラックホール
ブラックホール - Sputnik 日本
フォローする
ブラックホールは天文学者が考えるよりももっと身近なものなのかもしれない。ドイツ、アメリカそしてカナダの研究者は最近の発見について説明を行った後にこのように語った。

地球から2億光年離れた楕円銀河NGC1600の中心でこれまでに知られた超大質量ブラックホールの中でも最大級のものが発見された。この発見は全く予想外のものであった。というのもNGC1600は非常に小型の銀河であるからだ。

発見された超大質量ブラックホールの周囲に他の天体が観測できないのはおそらく吸収されてしまったからだろうと研究者らは指摘した。

概算ではこの超大質量ブラックホールの発生は約130億年前で、銀河の合体によって生じた可能性もあるという。

 

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала