愛らしいプレーリードック 裏の顔は非常な殺人者

動物学者達は、米西部に棲息し、その愛らしさで人気がある草食性のプレーリードックについて「実は定期的に、自分のライバルであるジリス(ワイオミングの地上リス)を殺戮している」事を明らかにした。雑誌「Proceedings of the Royal Society B」が伝えた。

プレーリードックとジリスは、米西部のやせた同じ土地で生活し、同じような草を食べている。そのため、この二つの生き物は、互いをサバイバルの敵と見ている。

コロラド州での6年間にわたるプレーリードッグ研究プロジェクトの中で、学者達は、彼らがジリスを殺戮する例を100以上観察した。

又学者達は、プレーリードッグのメスにより殺されるジリスの数が、ジリスの多産に影響を及ぼしていることを突き止めた。ジリスのメスが多く殺されれば殺されるほど、メスは多くの子供を育てることになる。一年に少なくとも2匹のジリスを殺すプレーリードッグによる定期的な殺戮は、犬の3倍以上の子孫をもたらしている。

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала