長崎市長、原爆投下地の訪問へオバマ氏を招待

田上富久長崎市長は米国の原爆の犠牲となった広島と長崎者を訪問するよう米国のバラク・オバマ大統領を招待している。市長は10日、G7外相会談の開始にあわせた式典で、在日米大使館を通じて親書を手渡したという。

広島 - Sputnik 日本
ケリー国務長官 11日に広島で初の米閣僚として献花へ
「このリーダーが原爆被害にあった都市を訪問することは重要である」と市長は記者団に語った。市長はオバマ大統領が今年5月のG7サミットで日本を訪問する際に両都市を訪問することへの期待を表した。

広島と長崎の両都市当局は何十年にもわたり核兵器の恐怖と無慈悲さを評価するために両都市を訪れるよう米国大統領に訴えているが、いずれの試みも失敗に終わっている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала