太陽節に向け準備するピョンヤンは旅行者でいっぱい

© Sputnik / Ilya Pitalev / フォトバンクに移行太陽節に向け準備するピョンヤンは旅行者でいっぱい
太陽節に向け準備するピョンヤンは旅行者でいっぱい - Sputnik 日本
朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)では、この国の基礎を築き初代国家主席を務めた故キム・イルソン(金日成)氏の生誕104周年を祝う15日の「太陽節」に向け、数々の祝賀行事が始まった。

複数の報道によれば、太陽節に関連して、首都ピョンヤンには、米国やフランス、イタリアなど多くの国々から代表団が次々に到着している。

太陽節では、この祝賀行事に合わせて催される芸術祭「4月の春」の枠内で、日本やロシア、ウクライナそしてベトナムのアーチスト達の合同公演が予定されている他、数々の文化イベントが目白押しだ。

またピョンヤンでの国際マラソンなど、スポーツ競技会も、祝賀行事の重要な部分を占めている。42キロ、21キロ、10キロのマラソン、ハーフマラソン、長距離走などには、世界のプロのアスリートと共に、様々な国々からやってきた外国人旅行者達も参加する。

​朝鮮半島情勢全般は悪化しているものの、太陽節は、北朝鮮への関心を高める効果をもぅている。すでにピョンヤンの外国人用ホテルは、満杯の状態だ。首都にそびえる国際ホテル「コリョ」ヤ「ヤンガクト」ホテルのタワーは、夜毎に美しく煌めき、ロビーやカフェ、レストランは多くの人であふれている。その多くは、外国人観光客や文化フェスティバルに参加するアーチスト、国外に住んでいる朝鮮人達だ。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала