インドには女性のみが働く市場がある

© Flickr / Spiros Vathisインドには女性のみが働く市場がある
インドには女性のみが働く市場がある - Sputnik 日本
約4000店舗があるインド東部マニプル州インパールの市場は、女性のみが働くアジア最大の市場だと考えられている。同市場は、およそ500年前から存在している。またこの市場は、「母親たちの市場」とも呼ばれている。

市場には毎日大勢の人が訪れる。買い物をする人もいれば、重要な交渉をするために訪れる人もいる。

女性の市場は、マニプルが王たちによって支配されていた時代に誕生したと考えられている。当時マニプルを中心に暮らしていたメイテイ族の男性は、王の宮廷に仕えなければならないという「Lallup」という習慣があった。そのため市場の仕事は女性たちに任された。しかし市場で働くのが許されたのは結婚している女性のみだった。

市場が管理下に置かれようとしたこともあったが、これらの強い女性たちは市場の伝統を変えさせなかったという。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала