専門家「ドーハでどのような結果が出ようとも原油価格は下落」

© Sputnik / Vladimir Astapkovich専門家「ドーハでどのような結果が出ようとも原油価格は下落」
専門家「ドーハでどのような結果が出ようとも原油価格は下落」 - Sputnik 日本
日曜日17日にカタールの首都ドーハで開かれる産油国代表者会合で、事実上、どんな結果が出ようと、2016年の市場における過剰分が無くならない限り、遅かれ早かれ原油価格は下落するだろう。

不安定な石油市場によりロシア経済の石油・ガス依存度が低下する - Sputnik 日本
不安定な石油市場によりロシア経済の石油・ガス依存度が低下する
これは、VYGON Consultingが準備した調査報告「ロシア、米国そしてOPEC:誰が原油市場に影響を与えているか?」の中で、専門家らが示した予測だ。

また調査報告の中で、専門家らは、次のように述べている―

「我々の評価によれば、今年中に、採掘『凍結』の決定が、需要と供給のアンバランスの消滅をもたらす事はない。過剰分は、消費の伸びによって、一昼夜平均で、110万から64万バレルまで減るに過ぎない。」

ロシア、サウジアラビア、カタールそしてベネズエラは、2月16日ドーハで、原油の世界価格維持のために会合を開き、採掘量を2016年平均で、1月のレベルに保つ事で合意したが、これは他の産油国も、このイニシアチブに加わることが条件だった。

採掘凍結について話し合うOPEC諸国と非OPEC諸国の会合は、ドーハで4月17日に予定されている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала