チェルノブイリ事故の余波、50年後はどうなるか

© Sputnik / Alexei Furman / フォトバンクに移行チェルノブイリ事故の余波、50年後はどうなるか
チェルノブイリ事故の余波、50年後はどうなるか - Sputnik 日本
チェルノブイリ事故の被災集落の数は50年間で数十に減る可能性がある。首相補佐官ゲンナジー・オニシチェンコ氏がペテルブルクで開催されたチェルノブイリ事故をテーマとする国際会議で語った。

「ロスアトム」 - Sputnik 日本
「ロスアトム」:福島第一原発事故後の世界の原子力市場は、完全に回復
氏は、ロシアの科学者らは近代的な監視システムを開発、被災地全体の綿密なモニタリングを続けていると指摘した。

「何千人もの人々が影響を受けている。ロシアだけで60万の処理係がいる。もちろん、肯定的な傾向もある。放射能汚染の危険なレベルの集落の数は着実に減少しており、50年以内にほんの数十となるだろう」とオニシチェンコ氏。氏は、しかし、人間の健康と自然にとっての否定的な結果が完全に消失するには長い年月がかかるだろうと付け加えた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала