ネブラスカ裁判所、パスタファリアニズムを宗教とは認めない

© Flickr / PROJohn C BullasThe Church of the Flying Spaghetti Monster
The Church of the Flying Spaghetti Monster - Sputnik 日本
ネブラスカ州の地方裁判所はパスタファリアニズムを宗教とは認めないという判決を下した。

裁判官は、他の囚人と一緒に礼拝することができないことを訴えた囚人の訴訟に応じて、この決定を言い渡した。 16ページの評決は空飛ぶスパゲッティ・モンスター教(パスタファリアニズム)が本当の宗教ではなく、風刺であると述べている。

パスタファリアニズムは2005年にカンザス州教育委員会が公教育において進化論と同様に知的な設計という理念について教えなければいけないという決議が評決されたことに抗議するためにボビー・ヘンダーソン氏が創案したもの。

ヘンダーソン氏は、スパゲッティとミートボールに似た超自然的な空飛ぶスパゲッティ・モンスターを信じているとし、学校で信仰を教えるよう呼びかけた。

ヘンダーソン氏のパロディ的な「教え」を信じる人々は身分証に自らのシンボルであるザルをかぶった写真を使うよう呼び掛けている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала