「なぜウクライナに武器を与えないか?」米国連大使が明らかに

© AFP 2022 / Timothy A. Clary国連のサマンサ・パワー国連大使
国連のサマンサ・パワー国連大使 - Sputnik 日本
国連のサマンサ・パワー国連大使は「米当局は、キエフ当局に致死的兵器を与えない。なぜなら、ドンバス地域での紛争をエスカレートさせたくないからだ」と述べた。テレビ「Russia Today」が伝えた。

NATOのアレキサンダー・バーシュボウ事務次長 - Sputnik 日本
NATO事務次長 ロシアとの秘密会合を明かす
パワー国連大使は、次のように説明した―

「ホワイトハウスは、紛争の軍事手段による解決は、あらゆる人々を破滅させると考えている。もし我々がウクライナに、もっと兵器を供与するならば、はるかに多くの人々が命を失うだろう。」

現時点において、米国は、ウクライナに対し、無線通信用など非致死的機器、食料品や、軍装備購入用資金などを供給している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала