燃料不正が発覚で三菱自動車株が記録的安値

三菱自動車が複数の車種について技術上のデーター改ざんを行ったことをうけ、国土交通省は21日、名古屋市にある三菱自動車の製作技術センターへの立ち入り検査を行った。BBCが報じた。

21日の証券取引では、三菱自動車の株価は20.5%と最大の下落を記録した。三菱自動車株の売りが殺到し、取引は一時中断された。株価は20日は15%下落しており、この2日で三菱自動車株は25億ドル分縮小している。

20日、三菱自動車は小型車の燃費データーを改ざんした事実を認めた。テストでは同社の社員らはタイヤの抵抗で要求より低い数値を用いていた。

この他にもテスト方法も日本の法律の要求事項に合致して行われていない。

 

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала