明仁天皇、ハゼ科魚類の進化の謎を明らかにする

明仁天皇率いる日本の研究チームが、ハゼ科魚類であるキヌバリとチャガラの太平洋側と日本海側の地域集団の進化について明らかにした。論文はジーン誌に掲載された。

魚 - Sputnik 日本
ヒトの免疫物質を破壊する成分が魚に見つかる
研究チームは日本海と太平洋から採集したハゼ科魚類であるキヌバリとチャガラの各地域集団に対して分析を行った。

遺伝子分析の結果日本海側のキヌバリと太平洋側のキヌバリが共通の祖先を持つことが判明した。

明仁天皇は生物学と魚類学に関心を寄せており、ハゼ科魚類に関する論文を20編以上発表している。

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала