ロシア、ビジネス界の汚職がアメリカと同水準にまで改善

アーンスト・アンド・ヤング社の調査によると、ロシアの各企業がそれぞれの業界で汚職事件に遭遇する機会が以前より減り、これに関してロシアはアメリカと同水準にまで改善されたという。

モスクワ - Sputnik 日本
米国の警察官 汚職まみれの米国からロシアへの政治亡命を求める
アンケート調査の結果、企業部門において汚職が広く浸透していると答えた人の割合は昨年の48%から減少し34%であった。

アーンスト・アンド・ヤング社はこうした改善結果は政府による汚職対策措置の成果であるとしている。

「ロシア政府は汚職との闘いにおいて根気強く法律の改正を続けている。具体的には所得を公開するよう義務付けられた役人の範囲が広がった」と同社のパートナであるドミートリー・ジグリン氏は言う。

これに加え、ロシアの経営者の中で自分たちの業界で汚職が行われていると答えた割合はわずか8%だった。

なお今回行われた調査の結果、汚職が行われていると答えた人の割合が最も高かったのはブラジルの90%、ウクライナの88%にタイの86%であった。

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала