メキシコ武装麻薬密輸犯も真っ青、お縄の後には女装フォトセッションが強要

メキシコ人のパラシュート隊員エリック・モラレス・ゲヴァル氏はかなり変わった方法で武装麻薬密輸犯に対する恐怖感の克服に成功した。

ゲヴァル氏は麻薬密輸犯を逮捕すると、犯人に女装させ、その写真を撮影するようになった。

最近、撮影された中では、麻薬密輸犯に女性もののレースのランジェリーを着用させたこんな一枚が注目を集めている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала