ラヴロフ外相、米国はアレッポ周辺の反体制派の退去合意を履行せず

© Sputnik / Ramil Sitdikovセルゲイ・ラヴロフ外相
セルゲイ・ラヴロフ外相 - Sputnik 日本
ラヴロフ外相は、米国がロシアと合意したにもかかわらず、シリアのアレッポ郊外から反体制派の部隊を退却させていないことを明らかにした。外相は、合意が履行されていないためにテロリストに対するロシア航空宇宙部隊の空爆に支障をきたしていると指摘している。

「実践面で我々に、アレッポ周辺のいくつかの地区に空爆を行なわないよう要請があったとき、その理由として言われたのが、現地には『アル=ヌスラ戦線』だけでなく、良い反体制派たちもいるからだということだった。我々は米国とのあいだの合意では、米国がこの良い反体制派への影響力を行使して、『アル=ヌスラ戦線』のテロリストらを殲滅するのを誰ひとり邪魔することのないよう、彼らを退去させるというものだった。ところが、あれだけ堅く約束したにもかかわらず、すでに2ヶ月が経過するのに米国は遂行していない。」

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала