三菱自動車社長「燃費スキャンダルが社の存続を危機にさらす可能性がある」

26日、三菱自動車の相川哲郎社長は、東京での記者会見で、燃え上がった燃費不正問題が、会社の存続を脅威にさらす可能性があることを認めた。

トヨタ - Sputnik 日本
トヨタ、世界首位の座よ、さらば
相川社長は「誤った数字をもとに購入させて本当に申し訳ない」と陳謝した上で「こうした状況は、会社の存続を脅かすものだ」と述べた。

先に三菱自動車の代表らは、1991年から25年間にわたり、自動車の燃費テストの際に不正を行ってきた事を認めた。

不正なデータにより、いくつかのモデルの燃費は、実際より低いものとなっていた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала